九重味淋オフィシャルサイトはこちら

本みりん、つゆ・たれ、みりんを使った食品のお取寄せ通販 九重味淋オンラインショップ

  • お買い物ガイド
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • FACEBOOK
  • LINE@

新規会員登録

会員ログイン

マイページ

買い物かごを見る

5,400円以上購入で送料当社負担 3,240円以上購入で代引手数料当社負担

トップページ > プロダクト > 九重櫻

ミシュランの有名店も多数利用。 本みりん 九重櫻 本物を選べばいつもの料理が格別な味に。

買い物カゴへ進む

ヒルナンデスで大活躍・レシピ本も大人気!九重櫻を料理家・稲垣飛鳥さんに紹介していただきました〜。

メディアでもたくさん取り上げられてます!

kokonoesakura

原材料には、厳選された国内産水稲もち米、米こうじ、本格米焼酎のみを使用。
創業当時から今に受け継がれる昔ながらの製法で、手間隙かけてじっくりと醸造した本みりんです。
もち米だけで作られる自然な甘みと豊富なうま味は格別で、
料理をよりいっそうおいしく仕上げます。

家族の健康が気になる料理好きの本物志向!まだ?みりん風調味料を使っているんですか?

みりん類似調味料は、水あめに酸味料・着色料などを混合したアルコール分1%未満のものをいいます。本みりんは米こうじの力によってもち米のデンプンを糖化させた自然の甘さの酒類調味料です。

だから私は本みりん 本みりん9つの旨味 古くから伝わる本来の製法で造られた「本みりん」。その違いは「味」だけでなく、「香」「艶」「色」「形」にまで表れます。

甘み

砂糖などでは得られない「上品な甘味」がつきます。

本みりんの甘味の主成分「ブドウ糖」は、砂糖に比べると後味がよく、さっぱりとした上品な甘さを持っています。 また、砂糖の糖分がショ糖だけなのに対して、本みりんに含まれるのは、ブドウ糖をはじめとする9種類以上。 ですから、さっぱりとしているだけではなく、コクとまるみがあって深い味わいの甘みになるのです。

照り艶

お料理においしそうな「てり・つや」をつけます。

糖が、素材の表面に被膜をつくり、
水分やおいしさを保ちます。

旨み

「コクのある旨味」が、材料によくしみこみます。

本みりんに含まれるアルコールは、食材への味の浸透を早め、均一に仕上げる効果をもたらします。
また、旨み成分を素材に閉じこめます。

色

美しい「焼き色」に仕上がります。

糖とアミノ酸が加熱されることで、
きれいな焼き色に仕上がります。

形

材料をひきしめ、煮くずれを防ぎます。

アルコールが、煮くずれの原因となるペクチンを溶けにくくして、煮くずれを防ぎます。

臭い消し

魚などの生臭さを消します。

アルコールが生臭みを取り除きます。
加熱することによって、本みりんのよい香りがさらに高まり、マスキングします。

香り

よい香りの成分が、材料の持ち味を引き立てます。

熟成や調理の加熱によって甘い香り成分が生み出される本みりん。焦げると、さらに、こうばしくよい香りが生まれます。

相性

天然醸造の調味料としっくり合い、互いのよさを高めます。

天然醸造の本みりんは、味噌、醤油、酢など昔ながらの醸造調味料と相性がぴったり。
液体なので、混ざりやすく味ムラができにくいのも特徴です。

味

化学調味料の味を、自然な味に和らげます。

本みりんは、おだやかな甘味成分であるブドウ糖が主成分です。 塩辛さや酢の酸味、化学調味料のくせを和らげ料理の味をまろやかにします。

お客様の声

  • 友だちから「美味しいから」と・・・・・
  • いままでみりんと思っていたものは全く別物でした。
  • 煮物の腕が上がったって錯覚しています。
  • 美味しいみりんで料理が美味しくできます。またリピート・・

九重みりんレシピでプロの味を!

kokonoesakura

味を守る職人の心

厳選の原材料のみを使用

本みりん「九重櫻」の原材料は、もち米、米こうじ、米焼酎といたってシンプルです。そのため、原材料の良し悪しができあがりの味を大きく左右するため、素材選びに妥協は許されません。
とりわけ、甘みの質に影響を与えるのが、もち米です。九重味淋では、本みりんの風味の特色であるもち米由来の豊かな甘味にこだわり、良質のもち米を使用しています。

伝統の搾り機、使い続ける理由

2〜3カ月、糖化熟成させたもろみは、昔ながらの伝統的な「佐瀬式圧搾機」で搾り、本みりんとみりん粕に分けます。
「佐瀬式」は、もろみを酒袋に詰めて、「漕(ふね)」の中に積み上げるようにして並べ、じっくりと時間をかけて搾る方法です。はじめはもろみ自身の重みだけで、みりんがじんわりしみだすのを待ちます。その後上から徐々に圧力を加え、2日間かけてもろみが味噌ぐらいの柔らかさになるまで搾ります。
最初から一気に圧力を加えて搾る機械も多いのですが、急いで搾ってはよい味が生まれません。
九重味淋では、芳醇な甘みを待ち望みながら、昔も今もゆっくりじっくり搾っています。

『九重櫻』は、大正から昭和にかけての全国酒類品評会で、唯一、最高の「名誉大賞」に輝いています。ほかにも国内外において数々の賞を受賞し、その名声は天下に知られ、元祖三河みりんとして確固たる地位を築きました。

本場三河みりんの銘醸蔵として、みりん業界最古の歴史を重んじ、伝統に培われた技術にさらに磨きをかけ、多くのご要望にお応えすべく、ここに復元版『九重櫻』をお届けいたします。

選び抜いた原料を使い、丹精込めた醸法のエキスとも言うべき、えもいわれぬ芳醇な風味は、必ずや識者のご満足を得るものと存じます。ともかく、口中で吟味して、お料理にお使いいただくことをおすすめします。

厳選した原材料

良質のもち米を精白、洗米、浸潰し、じっくりと蒸します。同じように、うるち米も蒸しを行い、昔ながらの醸法で米こうじを造りあげます。九重櫻のこうじは、種つけから二昼夜にわたり、細心の注意を払って香りが高く酵素力の強いこうじへ。このこうじの香味成分と、もち米の成分が溶け合い、上品な甘味と香り豊かな本みりんの成分を醸成します。
そして、酒もろみを蒸留して造られた本格焼酎を加え、仕込みあげます。これをもろみといい、2〜3カ月もの間、ゆっくりと糖化熟成させます。

歴史に磨かれた伝統の技術

仕込み方法、もろみ管理は、伝承の技術に近代的な技術を加え、編み出したものです。
じっくりと熟成されたもろみは、選び抜いた原材料が互いにそのよさを高めながら溶け合っており、砂糖などにはない上品な甘味を持つブドウ糖や、コクのあるアミノ酸が多く含まれています。
そして、これを圧搾機でしぼり、みりんとみりん粕とに分けます。

妥協を許さない品質管理

しぼったみりんは、長期間タンクで貯蔵することで、さらに熟成がすすみ、美しい黄金色へと変化します。ろ過して一層つやを高め、製品となります。 あらゆる品質管理は、熟練の技術者や工場管理者によって行われ、厳しいチェックにパスした製品のみ、『九重櫻』としての出荷が許可されます。
九重味淋は、始祖石川八郎右衛門信敦の味づくりの心をかたくなに守り続けることで、『九重櫻』独特の素晴らしい香りをつくりあげているのです。

全国の有名料理店で愛される本格的な味をご家庭で!

kokonoesakura

九重櫻 500mlびん 九重櫻 300mlびん
   
ご購入はこちら ご購入はこちら
   
ご贈答にも喜ばれてます。九重櫻 ギフトセット 500ml3本入り
 
ギフトセットご購入はこちら

容量大きい業務用

九重櫻 1.8Lびん 九重櫻 18L缶 九重櫻 20Lキュービテナー
     
ご購入はこちら ご購入はこちら ご購入はこちら