おさかなねえさんの お魚の事、知ってみりん!今回は”キス”

【本日紹介のお魚の仲間 “キス”】  

みなさん、こんにちは!
ここりんのお友達、おさかなねえさん です(*^_^*)
もう既に毎日暑いですが、明後日からは7月!夏本番です!


今日は、こんな暑い季節にピッタリな😁(笑)、名前のお魚、「キス」紹介します。

旬の季節は初夏~夏。 ”シロギス”とも呼ばれたりします。

上品な白身が特長で、とても食べやすい魚です。

東京の天ぷら屋さんでは欠かせないネタでもあります。

 

旬のこの季節、スーパーでもよく見かけますが、外見からやや透明感があって、赤味を感じるもの、目が黒く澄んでいるものが新鮮で美味しいです🌟

 

美味しくて簡単な食べ方はなんと言っても天ぷら!!😍

10センチ程度のキスなら、骨も柔らかいので頭と内臓をサッと取り除いてまるごと揚げて食べられます。

揚げたてのキスは、”ハフハフ”言いながら何個もパクパク食べられます。

おさかなねえさんのお家では、食卓に並ぶ前に家族がつまみ食いに来てなくなっちゃいます(笑)

 

気になる栄養価ですが、脂肪が少なく低カロリー。カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが豊富です。

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えてくれたり、骨の健康を保つ働きをしてくれます👍

 

骨の健康を保つのに心強いお魚の「キス」

育ちざかりのお子様がいらっしゃるご家庭に、”キスの丸ごと天ぷら”是非ともお勧めしたいです。

 

 

みりんの購入をお考えなら、通販でも購入いただけます。弊社のみりん通販サイトでは、味醂(ミリン)だけではなく、調味料のつゆ・たれ、リキュール、業務用の発酵調味料等も購入いただけます。

江戸時代の百科事典!和漢三才図会「醤油」

こんにちは!

私、九重味淋の蔵の屋根裏で古文書を研究しています、金子といいます。蔵の中もやや湿っぽく梅雨の気配がしてきました。

これまで、このブログやフェイスブックで和漢三才図会の特に酒類に関わる内容を紹介してきましたが、もうほとんど紹介し終わりました。

今日は同じ醸造でもちょっと変わって食品の分野を紹介しましょう!

今日の題目は「醤油」について。

早速ざっと読み解いていきましょう!

「まだ搾らないものを醤(ひしお)というので、醤と醤油は別物としてもよい。

ふむふむ、醤油も最後はもろみを搾ることで液となります。搾る前のことを「醤」といい、液となったものは油の字をつけて「醤油」となるのですね。続けて、次のように記述してあります。

「よく食物の毒を制御する。ちょうど将軍が暴悪な賊を平定するようなものである。それで聖人は醤がなければ物を食べないのである」

これは面白い例えですね!醤油はしょっぱいので雑菌の繁殖をおさえる、ということが言いたいと思うのですが、将軍が悪いヤツを抑える、という言い方は江戸時代ならではの言い回しかもしれません。しかも、聖なる人(どんなひとでしょうか?)は醤油がないと物を食べない、ということは、雑菌の抑制効果を充分理解していた人がいたということなのでしょう。

製法についてもくわしい記述があります。

「大豆、精麦をかきまぜ寝かして麹(こうじ)とする。別に塩と水を煎じて沸かし、冷えるのをまって桶にいれ、豆・麦の麹を投入し毎日かきまわす。夏は七十五日、冬は百日でできあがる。これを搾って油をとる。沸かし煮立てて桶に収め一夜すると味もよくなる」

読んでの通り、基本的な製造法は現代と変わらないようです。

最後に次のように結ばれていました。

そもそも未醤や醤油はわが国の台所で一日も欠かすことのできないものである。それはあたかも中華の人が麻油(ごまあぶら)を尚ぶ(たっとぶ)のに似ている。

やはり、醤油は日本人の食生活に必要なもの、ということですね。中華の人はごま油が大事だったということもわかります。今日でも醤油を口にしない日はないのではないでしょうか!

このブログやフェイスブックでも和漢三才図会紹介のバックナンバーがありますので、探してみてくださいね!

和漢三才図会の実物は九重味淋時代館見学にてご覧になれます。HP、お電話にてご予約ください。 http://kokonoe.co.jp/meet07

みりんのご購入をお考えなら、通販でもご購入いただけます。
弊社のみりん通販サイトでは、味醂(ミリン)だけではなく、調味料のつゆ、たれ、
リキュール、業務用の発酵調味料等もご購入頂けます。

是非一度、ご覧いただけましたら幸いです。
以上、九重味淋公式ブログでした。

 

二十四節気【みりん通販なら九重味淋】

本日6月21日より始まる二十四節気は「夏至(げし)」です。

夏至とは、一年でもっとも日が長く、

夜が短いころのこと。

これから夏の盛りへと、

暑さが日に日に増していきます。

この時期の旬な魚介を紹介します。

「鮎」です。

塩焼きが夏の訪れを知らせる、鮎。

6月に鮎釣りが解禁され、

まさに夏が旬。

川によって味が違うと言われ、

きゅうりに似た独特の香りがすることから香魚とも。

骨ごと食べられるので、

カルシウムやリンを豊富にとれます。

次に旬な野菜を紹介します。

「おくら」です。

夏のネバネバ野菜は、元気のもと。

おくらにお含まれるネバネバ成分は、

免疫力を高めたり、ストレスで弱ったおなかの

調子を整えたりしてくれます。

同じネバネバ野菜の山芋と合わせて酢の物などに。

カレーの具や、バター炒めにも。

下茹でして冷蔵庫に入れておけば、

マヨネーズをつけてかじったり、

刻んで薬味にしたり手軽です。

僕は、おくら、納豆、モロヘイヤにしょうゆを

少し入れて食べるのが好きです😍

 

6月17日は雲一つない青空の下、

今年も碧南市にて社員参加の田植えを行いました!

「ジュウゴヤモチ」というお米を手植えしました。

今日植えた苗は来年春頃発売予定の

「新米本みりん」の原材料となる予定です(^o^)ノ

初めての参加の方もおり、

全員泥だらけになりながらも一つずつ植えました。

元気に美味しく育ってくれますように☆

 

九重味淋オンラインショップ

トップページ

 

みりんのご購入をお考えなら、通販でもご購入いただけます。

弊社のみりん通販サイトでは、味醂(ミリン)だけではなく、調味料のつゆ、たれ、

リキュール、業務用の発酵調味料等もご購入頂けます。

是非一度、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

かたろぐ味夏号発行!【みりん通販なら九重味淋】

こんにちは!

九重みりん社員1年目!佐藤です😊

 

さて、突然ですが

本日6月1日(木)は、
九重みりんが毎年5回発行しております「かたろぐ味」の夏号の発行日です!😄☀

 

 

今回のかたろぐ味夏号では、夏のお中元ギフト特集をはじめ、

夏しか食べられない!夏限定みりんスイーツ「水ようかん」や、

胡麻のめんつゆを使用した「冷や汁」のレシピなどなど

様々な商品やコンテンツをご紹介しております😋

 

 

また、かたろぐ味夏号の同封チラシとして、私佐藤が担当しております、

九重みりんのニュースフリーペーパー「ココノエ便りvol.4」も入っております…!😊

 

 

今回のココノエ便りの表面特集は「みりん粕」について!

九重みりんのみりん粕がどうやって作られているのか?写真やイラストでご紹介しております😊😊

また、裏面の「このえちゃんのチョットきになるコト」では本社で見つけた謎のタル型建築物についてもご紹介しております…!😳

 

ココノエ便りを含む、かたろぐ味をお取り寄せご希望の方は、

こちら↓のURLから、問い合わせ内容に「かたろぐ味希望」と記入して、問い合わせ確定を押してください。😄

URL : https://ssl-plus.form-mailer.jp/fms/26f4a259573

かたろぐ味は無料!かたろぐ味でしか買えない商品もございますので、ぜひチェックしてみてくださいね😆💕

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

みりんのご購入をお考えなら、通販でもご購入いただけます。

弊社のみりん通販サイトでは、味醂(ミリン)だけではなく、調味料のつゆ、たれ、

リキュール、業務用の発酵調味料等もご購入頂けます。

是非一度、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

以上、九重味淋公式ブログでした。